進む針路に異常なし

替えの効く歯車としての役割を終え、心許ない笹舟に乗り航海に出てみました。舵を切ったこの針路に未だ異常なし

写真について考える

「趣味」としての写真の話しです。

 

「言わずもがな」ではありますが、写真やカメラの世界はやたら奥が深いです。

どう深いと感じているかと言うと、関わり方だと思っています。

もちろんカメラやレンズの進化、それを扱う人の技術的な深さも当然あるんですが、そこは私、素人過ぎて論じられません笑。すみません。

重ねて書きますが、「趣味」としての範疇のお話です。はい。

何気ない風景に味わいや趣きにひらめき、それを四角な世界に素晴らしく切り取り、その作品に化粧を施すかのようにレタッチするプロレベルまで昇華された方。または鋭い選択眼でジャンク品を手に入れ、それを「プロレベル」の修理技術でカバーし、もちろん愛情を注いで使われている方々。

私もいわゆる「準備」の世界を行ったり来たりではありますが、我ながら長く続いている趣味の一つでございます。

高性能な高嶺の花はようやく諦め、激安なモノをオークションで得、さっそく届いたレンズの曇り・カビの具合に一喜一憂する小市民ではあります。

これは良い写真だ!と自画自賛した写真が、他人(まぁ身内です笑)から見て「ふう〜ん…」だったり「大して良くもない」ところが良いなと思うのです。

他人(身内です笑)から見て「これいい」とか「こりゃ全然ダメ」という烙印を押されない→評価基準が専門的で難解、つまり底辺の我は「自己満足の湯船」に長く浸れるのです。毎度、何言いたのかわからなくてすみません笑。

いや、ちゃんと見る人に見てもらったら0点なんでしょうが、審査されに行かない我らはセーフ笑。

 

前にもちょろりと書きましたが「トイカメラ」、「トイ」なのでまさに子供向けおもちゃカメラなのですが、これで撮った写真を愛する方もいらっしゃいます。トイカメラHOLGAなど少々お値段の張るものもありますが、大抵は数千円で程度の良いものが手に入ります。

トイカメラの写真は、その機種独特の性格があるのか不思議に面白いです。自分が持っている機種(下の写真)などは、ネットオークションで3千円もしなかったものです。

デジカメZ=ViviterVC5050

この「デジカメZ」調べたら、進研ゼミ小学講座のポイントを貯めるともらえるデジカメのようで、それを出品されれていたようです。

それで撮った写真がコレ。

デジカメZで撮影

色味がビビットに表現されて、実物よりもかなり大袈裟に色付けされた印象です。

 

それを踏まえて、下の写真はもうちょっと良いカメラで撮ったものです。

SIGMA DP1 Merrillで撮影

同じ時間に撮った写真ですが、どうでしょうか?どちらも撮って出しです。

SIGMAで撮ったものは目に入った色や形が忠実に再現されていてますが、私はデジカメZで撮った写真も味があって好きです。

 

トイカメラでの夕方はこんな感じ。

青はより青く、赤はさらに赤く。暗いものは殊更に暗く笑。ざらついた描写も悪くありません。活躍できる場面は狭いトイカメラですがアリです。

 

まぁ(本人が良いって思えば)どんなカメラでも良いってことですね。

写真は(絵と違って笑)メーカー様の努力でそれなりのモノが撮れてますから、くしゃくしゃ(*・_・)ノ⌒*ポイッ しなくても大丈夫。あとは写真に気の利いた副題名を付ければいいだけです。ま、付けなくてもいいんだけど笑

「趣味の」写真は自分がエモいって思えればいいんだよね。 

 

と、ここまで書いておいてなんですが。

カメラは使いようだと思うんだけど、逆を言うとですね。風景を「切り取る技術」と「感性」はどんなカメラであろうともカバー出来ないんですね笑笑。

 

ここは我が「技術」「感性」を見直し、カメラが持つ性能をとことん引き出す荊道に進むべきかは、明日の写真の心だ〜♪

 

ではまた👋

コキア(ほうき草)

コキアってなんか可愛いね。

別名ホウキギ(箒木)、ホウキソウ(箒草)と呼ばれ、ふんわりとした姿がユニークです。最初は緑色ですが、秋になると紅葉し美しい赤になります。種は茹でて食べられ、枯れた枝は箒の材料に使うことも出来るようです。

SONY ‪α‬6400

SIGMA 16mm F1.4 DC DN

 

ではまたね。

準備について考える-弐ノ巻

こんにちは、こんばんは。

さて「準備について考える」シリーズ「壱ノ巻」に続き、弐ノ巻でございます。

趣味としての「準備」には、向き不向きがあります。何か道具を使う趣味でなければならず、工作・DYI系は道具を用意するという、準備段階があるので、夢が膨らみ心トキメキます。

レザークラフトも楽しかったな〜これは準備だけで無く、レッスン→本番もこなし我が趣味の1つとなりました。凝らなければ、意外と初心者に優しく門戸が広かった印象があります。

絵画もそれなりに道具が必要なので、かなりトキメキましたが、既に「才能無し」が確定してますので、ここは一旦割愛します涙。

あぁ「今週のお題」のキャンプ!!これ素晴らしいですね。👏👏👏

グッズが豊富ですし、もちろん準備アリ!道具無くしてキャンプ無し!さらにアイテムに工夫出来る余地も広くあり、深く長く楽しめますね。

その中でも「ソロキャンプ」は冒険心をくすぐりトキメキます。ですが我が愛する相方もキャンプ好きとなると「ソロキャンプに行く」など、とても恐ろしくて言い出せませんw。

しかし、ソロ行けなくても「いいんです!」ジョン・カビラ!。私「準備マニア」なので。

 

ソロという言葉で、昔Youtubeで見た動画をふと思い出しました、ちょい脱線します...。

Youtuberの彼は、バイク&キャンプをテーマに活動されているようでした。ある日、森深く分入り勇猛果敢にソロキャンプを敢行し、夕食を食べるまではハイテンションだったものの、闇と静寂と気配に脅かされ、恐怖から真夜中に一目散に逃げ帰ったという顛末でした。当人は自身を「ヘタレ」と自虐していました。

いや、これ凄く良く分かります。「何だか分からないけど怖い」、正常な感覚だと思います。私も人の入らない森の中で一晩過ごした事があります。

 

(すいませんここから先、若干脚色入ります笑笑)

森の闇は「真の闇」、月が隠れていれば漆黒の闇となります。懐中電灯の光を吸い込み揉み消すような濃く深い闇です...。

そして「気配」。

気配はヒトの防衛本能であり、神経が研ぎ澄まされていれば尚更、増幅されます。

風が吹けば聞いたことも無い声で草木がざわめき、枝が落ちれば大きなケモノ、もしくは「禍々しい何ものか」の足音と化します。これはその場にいる者にしか分からない恐怖、山、森という大自然への畏れです。

森は昼に誘い込み、夜にその姿を変えます。彼はまんまと森に絡み取られ、テント1枚布を隔てた周り全てが敵であることを悟ります。

何モノかがコチラを伺っているようで、彼はスマホの音楽を消し、息を殺し、耳をそばだて、微動だにせずその時を待つだけの人となるのです。

夜明けにはまだかなり時間があります...彼は脱出を決意しました。

私はこのYoutuberは、(ある意味)勇者だと思いました。「禍々しい何モノか」が今、我を襲わんという緊迫した状況の中、彼は「寝袋から這い出し、テントを畳み、荷物をまとめ、林道に停めたバイクまで暗闇を走り、荷物を括りつけヘルメットをかぶり、深夜の森の中を走り出す」、その間その間に大きな「隙」となる「背中」を敵に晒しながらという、よくも恐ろしい方法を選択したものだ。と感心しました。

勇者に拍手を送りたいと思います。👏👏👏

まぁ徹底的に悪手ではありましたが…笑

f:id:marumaru_cat:20220914162652j:image

あ、話が大きくズレました笑

今のご時世、キャンプグッズはアチコチで販売されており、特に百均ではバラエティに富み見逃せません。百均に売られているモノは、(価格設定がそうさせているのかもですが)ほぼ「ソロキャンプ仕様」です。さらに「チープ感」が胸を踊らせますね。

 

良いなぁソロキャンプ!また昔みたいにやってみたいなぁ...でも、あれだね。

行くなら人のいる、管理されたキャンプ場にしようね。

 

〜「準備」について考える〜

話しがズレてなかなか「準備」の核心に迫れない...。

それは「明日の準備の心だ〜♪」

 

今日のぬこ

おはようございます。

 

東北地方南部は、1日中晴れそうです。

先週、先々週と台風の影響があったりで天候が優れず、「晴れたらやる」的な雑用が溜まりに溜まって、昨日、今日と結構忙しくなってます。。

「さて今日は何を片付けるか」と考えながらの散歩。

秋の風が吹いています

定位置で寝てました

起こしちゃって、睨まれました

今日のお弁当

SIGMA DP1 MERRILL

 

今日も頑張って!👋

他人の記録は怖い

先日、ネットオークションで15年前のコンパクト・デジカメを、送料込み3000円で落札しました。15年前のデジカメならまぁ妥当な金額です。あまり使われてなかったようでほぼ新品、ショット数も500回程度でした。私が愛を持って使ってあげたいと思います。

散歩では森の中に分け入り、ちょっとした藪漕ぎになったりする時もあります。Sub機でも小枝がカメラにピシッと当たると「うっ」て心が痛むので、ガシガシ遠慮なく持ち歩けるカメラが欲しかったんですよね。

藪漕ぎ探検用として、今後働いて頂きます。

 

話は続きます...。

で、梱包を解いてカメラを確認してたら、SDカードが入っていて、もうドキッとしました。これ結構怖いやつです。

最近のネットオークションは「匿名配送」が主で、互いの住所氏名が分からないようになっていますから、返送するとなるとチト面倒臭い事になります。

容量2GBのSDカードだったので価値的なものは無く、後は大切な思い出が入っているかどうかですね。今回の相手はUSEDショップだったので、まぁそれも無さそうです。

ショップでも「適当に処分してください」となるでしょうし、そもそも知っていてそのまま売ってしまっている可能性が高いです。私も捨てるしかありませんし。

などと、あ・え・て返却しない理由付けをしました笑

で、捨てるに当たって中を確認するかしないかです。

見なきゃいいんですが、怖いもの見たさってあるじゃん笑

 

カメラ自体は、15年前に発売されていた代物です。

・何か宗教的な儀式とか、写ってたら怖いな〜

・霊とか写ってたら心臓飛び出でるな〜

・犯罪的な場面が写ってたらどうしよう〜

ネガティブ感、超もりもりです。

 

意を決して、SDカードリーダーに差し込んでみました笑

 

・お墓参りの家族・親族写真

・おばあちゃんのポートレート

・旅先で撮ったのか道祖神の写真

・人の住んで無さそうな古い家の写真

 

普通で良かった...笑。

晩秋の夜のちょっと怖かった話でした。

 

消去して、ゴミ箱に入って頂きました。

 

左目のとこ怪我してるのかな

昨夜は十五夜でしたね。

SONY α‬6400、55-210mm 4.5-6.3

 

ではまた。

乗り換え中

こんにちは、こんばんは。

 

乗り換えはカメラの話ですね。

今まで、メインのカメラはNikonを使っていました。

メインとか偉そうにすいません笑

特にNikon派ってわけじゃないけど、一旦メーカー決まると次の買い替え時には、所持しているレンズが使えるカメラボディを選択することになり、なかなか他のメーカーに移れないんですよね。

レンズも広角から望遠まで、一から揃えるとなると大変な出費です。マウント変換を使えばいいんですがコレ面倒です。

また、慣れ親しんだ操作系等も離れられない理由になるかもです。

7月にスクープされた「Nikon社、一眼レフ開発から撤退」が影響したのではありません。このNikon撤退は、多くの識者が述べていたように「必然」なんでしょう。

カメラは今やミラーレスの時代です。既にライバルのキヤノンも数年以内に一眼レフの生産を終了する予定と言われています。

時代の流れですね。過去もフィルムからデジタルカメラへ変遷しました。

取って代わるミラーレス機はその出たての頃。一眼レフ機と比較して画質が劣ると言われていましたが、今では「性能はミラーの有無に関係しない」とも言われています。

であれば、小型・軽量化しやすい(=部品点数が少ない)ミラーレス機に開発予算が多く投入され、収益性の悪い一眼レフが距離をおかれるのは必然です。

あんな重(おも)でっかい一眼レフカメラを担いでるのは、使い慣れた愛機で一瞬のチャンスを逃さないプロカメラマンか、(プロの)愛好家ですもん。

自分なんかは、シャッターチャンスからパシャ📷✨って押すまで30秒以上掛かる、底辺ビギナーズ笑。遠方の鴨を標準レンズで狙ったり、道端で出会う猫をこよなく愛する町内巡回カメラマンです。

 

昨今、スマートフォンのカメラ性能が著しくアップし、写真専用機のカメラを持つ必要が無くなったっていうのもいろいろ影響もありますよね。カメラ市場は縮小の一途を辿っています。カメラ(写真専用機)を持つのは、もはやプロ、愛好家、ブロガーやYoutuberなど、画像・映像にこだわりをお持ちの方々に限られてきます。

携帯で十分って思いますよね笑

先日、娘が持ってる「iPhone 13 Pro」のカメラ性能知って驚いた!

iPhone 13 Pro」は3つのレンズが搭載され、画素数が1200万画素!。キャ!

35mm版換算の焦点距離F値は下記の通り。

・超広角カメラ:約13mm F1.8
・広角カメラ:約26mm F1.5
・望遠カメラ:約77mm F2.8  ※間違ってたら許してね笑

すんげー笑、カメラいらねー笑笑

iPhoneのみでYoutubeやってる人もいますもんねー。

あ、話ズレた笑、そもそもカメラ業界もおちおちしていられなかったって話。

 

で、何で私が他社へ乗り換えるのかって?

年齢と共にカメラが肩に重ずっしり感じるようになった(悲しみw)。で、軽量なカメラを探すに当たって折角なので探索範囲を全メーカーに広げたら、Nikon社以外で見つかってしまった。というだけです。

ま、旧製品への対応がイマイチだったなーって、じんわりこっそり感じていたってのもあるけど...。まぁここは書かないでおきましょう。

「行ってみれば分かる、実状はどこも同じ」なのでしょうし...

 

ではまたね。

f:id:marumaru_cat:20220909151326j:image

ダンボール📦をオールドレンズで撮ってみた笑。こっ、このボケ感が...違うかww

 

廃材置き場の黒猫ちゃんは、モノクロも似合う。

それでも猫が好き

猫好きだけど猫アレルギーって話。涙

 

話に入る前に...

このブログですが、沢山の読者様にご登録頂いたり、また先輩ブロガーの方々にも訪れて頂いているようで嬉しいです。だけどこんな駄文を読ませてしまい、恥ずかしいやら申し訳ないやらで本当にすみません。頑張って精進して参ります。

ん〜精進しても、上達は厳しいかも...笑

 

では、猫好きがアレルギー持ちの話しです。

こういう方、結構いらっしゃるみたいですね。

 

犬は平気なんですけどね〜

調べたら、猫の唾液や皮脂腺に含まれるアレルギー物質の「アレルゲン」というたんぱく質が原因みたいですね。

【アレルギー物質】

・大きさ3~4μmで、花粉の約10分の1
・猫の唾液や皮脂腺、ふん尿に含まれ空気中に舞う
・毛づくろいなどで、猫の体中に付着

→これは対策出来ないんちゃうの?(笑)

 

【症状】

・猫に近寄ると、目が充血・かゆくなる

    →なる!


・くしゃみや鼻水が出る

    →でる!


・猫に触れたり舐められたり、引っかかれたりすると、赤く腫れる・かゆくなる・じんましんが出る

     →引っ掛かれるとミミズ腫れのように赤く腫れ痒くなる!


・咳が出る・ぜんそくの発作が出る

     →でる!時々呼吸苦しくなる!

 

全部該当するじゃん笑笑

 

だけども猫ちゃんが好き。

いいなぁ、猫アレルギーない人。

 

...涙

 

f:id:marumaru_cat:20220903101009j:image
f:id:marumaru_cat:20220903101016j:image
f:id:marumaru_cat:20220903101522j:image

🐾肉球!可愛ええのぅー笑

 

ではまたね👋

心カメラは元気ですか。

つくつく法師が窓の外で鳴いてます。

晩夏から初秋にかけて鳴く『つくつく法師』は、秋の季語ですね。

 

秋ですか...

最近、めっきり季節が早足になりましたね。

この勢いだと、今年もそろそろ終わっちゃいますよ笑。

まぁ、これ我々ご同輩の周辺だけが足早になってるんだよね...。

若い頃は毎日が新鮮で発見や出会いがときめくように現れ、その度に「心カメラ」のシャッターが瞬間をバシャッ!バシャッ!と切り撮るから、心にしっかり記憶されるんですね。

だけど歳を重ねるに従い、毎日が同じことの繰り返しに思えて、我が感性はサビ付いてしまい、僅かな変化や新しい発見を認識出来ず、周りへの好奇心も減り。ときめかないので「心カメラ」もシャッターチャンスが激減、よってちょびっとづつの断片化した記憶だけが残ります涙。

つまり、愛すべき我らご同輩が『‪(⊙⊙") うわっ1年があっという間に終わってしまったぁ』と感じるのは、毎日の生活に新鮮味を感じられないから。

と言うことらしいですよ。

 

むー(⑉・̆-・̆⑉)。

まだ夏も始まってないのに、🌞連日夏日で本番の8月になったら、いったいどうなんの!?って言ってたのが6月下旬。なんと今や既に9月でございます笑

「心カメラ」は大事ですね、「ちむどんどん」しましょうね。

 

ではまたね。

 

娘弁当は続く